excitemusic

占い師エリオンの万華鏡
by fwnd9951
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Queen771さん..
by fwnd9951 at 09:12
> なおさん コメント..
by fwnd9951 at 09:08
本当に日本はおかしな、簡..
by Queen771 at 22:17
気持ちが重いなぁとは思い..
by なお at 21:27
angelroad512..
by fwnd9951 at 08:22
サン・テグジュペリの事。..
by angelroad5124 at 15:41
H-Poirot様、ほっ..
by fwnd9951 at 13:29
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 11:07
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 10:54
スライム国さん、ほったら..
by fwnd9951 at 10:45
最新のトラックバック
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
女性を恋愛モードに切り替..
from 厳選電子ブック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 05月 ( 61 )   > この月の画像一覧

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(1196)

女性は男性との距離を縮めようとするものですが、男性は近そうで遠い距離を好む場合があります。
[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-31 18:29 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

未来予想(100年前から見た20世紀)

最近は異常気象が続き、地球温暖化の影響が叫ばれています。

なんでも、人類は100年後を考えて二酸化炭素排出量を削減しなければいけないのだそうです。

しかし、100年先のことを正確に予想するのはかなり難しいのではないでしょうか。

そう云えば、100年前に報知新聞が「20世紀の予言」という記事を掲載しています(1901年1月、筆者は不明)。

結構面白いので紹介します。

・無線電信および電話 ・遠距離写真 ・野獣の滅亡 ・サハラ砂漠の肥沃化と中国、日本、 

 アフリカにおける文明の発達

・7日間世界一周 ・空中軍艦、空中砲台 ・蚊および蚤の消滅 ・寒暑がなくなる

・植物の品種改良 ・伝声器 ・テレビ電話 ・買物の簡易化 ・電気普及 

・鉄道の高速化 ・市街鉄道 ・大陸間鉄道 ・台風制圧 ・人体改良 ・医学の進歩

・自動車の発達 ・人間と動物の対話 ・幼稚園の廃止 ・送電技術の発達

以上です。

わかりにくいのもありますので説明します。

7日間世界一周は「80日間世界一周」(ジュール・ヴェルヌの小説)に影響されたと思われます。

これは今では可能ですが、当時としては大変なことだったのでしょう。

空中軍艦というのは当時の世相を反映しています。

昔は軍艦がそのまま空を飛ぶというのが夢だったんですね。

そんな内容の小説がありますし、最近実写映画化された「宇宙戦艦ヤマト」にも受け継がれています。

伝声器は昔の潜水艦の中なんかで見られる通信方法でパイプを通じて話をするというもので、これが地上でも利用されるようになると考えたのでしょう。

しかし、電話や無線があれば必要ないと思いますが。

買い物の簡易化はテレビ電話で商品を見て、すぐに注文、そして、商品も地下パイプを通じてただちに配達されるというものです。

前半はテレビショッピングそのままですが、配達方法がちょっと違います。昔の人はパイプ※が好きだったようです。

※実は地下パイプを使用してものを届けるいったシステムは、昔、パリに実際にありました。ただし、手紙だけです。気送管便といって、朝、投函すると夕方には配達されるという超速達便です。

長くなるので続きは明日。

では。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-31 06:22 | その他 | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(1195)

女性は臆病な男を嫌いますが、男の大半は臆病です。

この壁を乗り越えられる女性だけが、恋愛の勝者になれます。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-30 18:21 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

「落ちないリンゴ」と起死回生のアイデア

かなり昔のことですが、大型台風が東北地方を襲い、収穫寸前だったリンゴが甚大な被害を受けました。

なんでも7割以上のリンゴが落ちてしまったとのこと(9割とする説もあります)。

被害に遭った農家のほとんどはこの不幸を嘆くばかりだったのですが、ある人が一つのアイデアを思いついたんですね。

残ったリンゴをちゃんとしたラッピングをして「落ちないリンゴ」として受験生に1個1000円で発売したんです。

そして、この「落ちないリンゴ」は大人気を博し、受験生のお守りとして飛ぶように売れたそうです。

正に起死回生のアイデアと称賛されました。

めでたしめでたし。

この話はしばしば一種の美談というか、機転の利いた話として紹介されます。

たとえば、既存のものを別角度から見て新しいものを生み出した例だというわけです。

しかし、本当にそうでしょうか。

私には納得できません。

それまでたとえば100円で売られていたものを、たまたま台風で落ちなかったからといって、10倍の値段で売るんですよ。

生産者はなんの努力もしたわけではありません。

なんの新しい付加価値もないのに、値段だけ極端に上げた。

それは藁にもすがりたい受験生は買うでしょう。

しかし、こんなのを人の弱みに付け込むと言うのではないでしょうか。

私にはとてもほめられたこととは思えません。

これでは真面目に働く気がなくなるでしょう。

これからはなにも苦労してリンゴを造らなくても、適当な名目を付けて高い値段で売ればいいと考える人がいたとしてもおかしくはないですね。

ひねくれた考え方かも知れませんが、こうした話はあまり持ち上げないほうが良いと思います。

では。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-30 07:35 | その他 | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(1194)

自分の価値観をはっきりと意識しましょう。

「優しさ」、「挑戦」、「勤勉」等々、何でもかまいません。

そして、できれば3つ、または、ベストワンを決めて、紙に書いて常に身に付けましょう。

それだけでストレスに強くなり、健康に生活できるようになります。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-29 18:46 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

恋愛判別法

最近読んだ本に面白いことが書いてありました。

恋愛を客観的に判別する方法です。

なんでも血液中のたんぱく質を調べるとわかるんだそうです(どうやって調べるんだと思うでしょうね。すみません)。

イタリアのある学者の研究によれば、恋する20人の学生の血液中の神経伝達物質セロトニンを合成するたんぱく質が通常よりも40%も少なかったんですね。

これは実はストレスを感じたり、強迫観念を抱いたりしている時と似ているんですが、やはり恋愛はストレスなんでしょうか。

この学者は、恋をするというのは1日4時間以上相手のことを考えている状態だとしています。

しかし、恋は盲目と言いますが、考えているといっても他に何もしていないわけではないでしょう。

本当にその人のことだけ考えているのかなあ。

正確な時間なんかわからないでしょう。

ちょっと怪しい。

それから血液の状態は半年から1年半で元に戻るそうです。

きっと本気の恋愛はそのくらいしか続かないんでしょうね。

こんなことを云うと袋叩きにあいそうですが。

まあ、この学説も証明されたわけではありませんから、鵜呑みにしないほうがいいでしょう。

いずれにしても、大昔ならいざしらず、今の私にはとんと縁のない話です。

では。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-29 06:53 | その他 | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(1193)

緊張することは悪いことではありません。

たとえば試験なんかでも不安や緊張より成績が上がることが証明されています。

試験中に不安を感じても「このストレスのおかげでかえって上手くいく」と考えましょう。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-28 17:50 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

弁論術を学ぶ

かなり前から日本ではグローバリゼーションが叫ばれていますが、実態はどうなんでしょう。

あまり進んでいるとは言えないんじゃないかな。

その原因の一つは、私の考えでは、自分の考えを論理だって述べる訓練をしていないことだと思います。

試験でも口頭試問はないようですし。

これは伝統的なものなのでしょうが、そのためか大企業の管理職でさえ発言がものすごく不明瞭な人がいます。

こんな上司を持つ部下は大変ですね。

聞き返すと嫌な顔をしますから。

余談ですがこういう人たちは本当に通訳泣かせです(何度も経験があります)。

何が言いたいのかさっぱりわかりませんから、訳しようがない。

そのくせ、通訳が入ると言葉の細かいニュアンスが伝わらないなんてことを言いたがります。

それはいいとして、日本で教育を受けた人間がアメリカやヨーロッパのビジネススクールのMBA(経営学修士)を取ろうとすると大変です。

英語や場合によっては別の言語での非常にレベルの高いディベートやプレゼンテーションが要求されますから。

大体において、日本人学生の優秀さは認められているんですが、やはりこうした弁論関係では大人しいし、表現力が落ちると考えられています。

別にアメリカや欧州の真似をする必要はないとの意見はあるでしょう。

しかし、本当にグローバリゼーションを目指すのであれば避けては通れない道ではないでしょうか。

それに、いちいち口に出さなくても以心伝心でわかる、日本には日本のやり方があると言っても、実際には行き違いや誤解が絶えません。

前から言っていることですが、私は人間関係のトラブルの多くはコミュニケーション不足が原因だと思っています。

何も弁論術を学べとは言いませんが、自分の考えを表現する努力は常にするべきだと思います。

では。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-28 07:18 | エリオンの考え | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(1192)

プレゼンやスピーチといった場面で、緊張しないようにと自分に言い聞かせる必要はありません。

自分のドキドキを受け入れ、自分は興奮していると認めましょう。

その方がかえって上手くいきます。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-27 18:47 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

ディスコミニュケーション(3)

続きです。

コミュニケーション不足は仕事にもあります。

特に、伝統工芸や料理の世界にこうした傾向が強いようです。

新人にいちいち技術を教えたりせず、自分で見て盗めというわけです。

そして一人前になるためには10年かかるなんて言います。

勿論、そんな仕事もないわけではないでしょう。

しかし、ほとんどの場合、ちゃんとした体系的な指導法があれば遥かに短い時間で修得が可能なはずです。

昔は、7〜8才くらいから商店や職人のところに奉公(大抵は住み込み)に出されていました。

これは将来の職業を確保するためでもありますが、口減らしの意味もあったんですね。

だから、そんなに簡単に奉公先を変えることができませんでした。

それにある程度の期間奉公すると暖簾分けといって自分の店を持たせてもらえることもありました。

ただし、これには10数年かかりますし、修行中はほぼ無給。

だから教える方もゆっくりでよかったんです。

しかし、今そんな不合理なことをしていたら、誰も我慢してくれません。

他に沢山仕事もありますし。

伝統工芸の世界では後継者がいないと嘆いていますが、こうした点に原因があるのではないでしょうか。

料理学校や職業専門学校といった教育機関で現代的な職業教育をすることが必要です。

それができない職業は滅びてしまうでしょう。

話は変わりますが、よく親方だの師匠だのが無理難題を押し付けて、それを弟子が苦労して乗り越えるなんてドラマがあります。

そして、その後に親方なり師匠が本当の理由を説明して、弟子は真意を知って泣くなんて展開なんですが、ドラマだからいいですが、実際にはそんなに上手くは運びません。

無理難題に腹を立てて喧嘩になり、飛び出してしまうことのほうが多いでしょう。

後で真意を説明するくらいだったら、その時にすぐに話しておくべきですね。

その方が無用のトラブルを避けることができるのではないでしょうか。

では。


[PR]
by fwnd9951 | 2018-05-27 07:14 | その他 | Comments(0)