人気ブログランキング |
excitemusic

占い師エリオンの万華鏡
by fwnd9951
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Queen771さん..
by fwnd9951 at 09:12
> なおさん コメント..
by fwnd9951 at 09:08
本当に日本はおかしな、簡..
by Queen771 at 22:17
気持ちが重いなぁとは思い..
by なお at 21:27
angelroad512..
by fwnd9951 at 08:22
サン・テグジュペリの事。..
by angelroad5124 at 15:41
H-Poirot様、ほっ..
by fwnd9951 at 13:29
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 11:07
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 10:54
スライム国さん、ほったら..
by fwnd9951 at 10:45
最新のトラックバック
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
女性を恋愛モードに切り替..
from 厳選電子ブック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(364)

あなたの目には世界が美しく映っていますか。


人気占い師ならエキサイト

by fwnd9951 | 2015-11-30 17:11 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

現代の迷信(3):聖母マリアの奇跡

これはかなり昔からある現象なので、正確には現代の迷信とは言えませんが、今でも良く耳にします。

たとえば1858年にフランス南西部のルルドの洞窟に聖母マリアが18回にもわたって出現した事件があります。

その後、この洞窟には泉が湧き出し、病人やけが人を治療する効果があることで今でも有名です。

この他にもマリアを見たとの話や、マリアの像が涙や血を流したり、動き回ったりしたといった話は沢山あります。

おわかりと思いますが、これは別にマリアに限りません。

キリストや聖人の像の例も沢山ありますし、あまり聞きませんが、仏教系でも他の宗教でもあるんじゃないかな。

煩雑なのでここではマリアで統一しておきます。

そして、大抵マリアは私たち民衆の罪深さを嘆いたり、世界に危機が迫っていることを訴えていることになっています。

しかし、実際のところ、こうした奇跡を起こしても、ほとんどの場合なんの役にも立っていないんですね。

本当に民衆に何か重大なことを伝え、救済したいのならばもっと効果的で明快な方法はいくらでもあるはずなんですが、いつもただ涙を流したり、姿を現すだけです。

これではどうしようもありませんし、すぐに人々に忘れられてしまいます。

マリアの目撃例については、当然ながら伝統的なカトリック国(フランスやイタリア)に多いのですが、大抵、金髪の髪や青色の目を持った白人系の女性として報告されています。

しかし、マリアはユダヤ人だったわけで、今とは違い、当時のユダヤは全てセム系で、黒い瞳と黒い髪の毛、そして浅黒い肌を持った女性だったはずなのです。

要するにマリアの出現は信仰から来る幻影か集団催眠のようなものなのでしょう。

また、血を流す像はほとんどがいたずらや自然現象であるとされてます。

ただ、ルルドの洞窟についてですが、確かに実際に治った例が沢山あり、ローマ法王庁も正式に奇蹟と認めています。

これは事実として認めるべきでしょうね。

では。
by fwnd9951 | 2015-11-30 07:53 | その他 | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(363)

傷つくことを恐れてばかりいるとチャンスを逃してしまいますよ。


人気占い師ならエキサイト

by fwnd9951 | 2015-11-29 19:00 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

現代の迷信(2):月光魔術

昨日の「バイオリズム」に似た概念に「バイオタイド」があります。

この言葉は知らなくても、月が生物に及ぼす影響のことだと言えば、思い当たると思いあたるでしょう。

人間の体は80%が水分であり、生体にも潮汐作用が起きているはずである。

この生物学的な潮汐こそ人間の行動と感情を左右するもので、このリズムを通じて生命体は宇宙と結びついている、との説です。

これについてはリーバー博士という人が書いた有名な「月の魔力」と言う本があります。

博士は1956年から1970年にかけて米国フロリダ州デイド郡で発生した殺人事件についてデータを集め、月齢との関係を調べました。

すると、満月の時に殺人事件の発生がピークに達していることがわかったのです。

また、満月の夜には出産率や死亡率(殺人以外の)が非常に高くなるとも言われています。

そして、月を意味する「ルナ」から派生した「ルナティック」は狂気を意味しているんですね。

しかし、この魅力的な説も、後に多くの人が同様のデータを取って調べたのですが、結果は否定的なものでした。

リーバー博士の得た結果はどうも偶然だったようなのです。

また、出生や死亡についても研究が行われていますが、月の満ち欠けの間になんらの相関関係も見られなかったとのことです。

月は大変美しい天体ですから、見つめることはよくあると思います。

そんな時に、一種の催眠状態と言うか、トランス状態になることもあるのかも知れません。

なんとなく魔力のようなものを感じるのはまあ当然でしょう。

しかし、そうしたロマンティックな感情に流されて、根拠のない「学説」を信じるのはやはり危険なんですね。

ロマンはロマンとして、常に、客観的な科学的事実を弁えておかないと、必ずその隙を突こうとする人間が出てくるからです。

では。
by fwnd9951 | 2015-11-29 08:07 | Comments(0)

現代の迷信:バイオリズム

かなり前にバイオリズムという概念が話題になったことがあるんですが、ご存知ですか。

以下に簡単に説明します。

人間には「体内時計」とよばれている一定の周期を持つリズムがありますが、これ以外にも自覚していないリズムがあります。

それが身体のリズム(23日周期)、感情のリズム(28日周期)、知性のリズム(33日周期)で、これらは一定の周期で、高調期と低調期をくり返します。

これを記録しておけば、明日あるいはもっと先の自分のコンディションを前もって知ることができます。

要するにリズムの好調な時は、積極的に行動し、悪い時はじっとしていればいいわけです。

バイオリズムは、八卦や占星術といった占いとは異なり、科学的根拠に基づいており、欧米の精神医学者や、臨床医により発見され、幾多の事実によってその正しさが証明されています。

どうですか、いかにももっともらしいでしょう。

しかし、残念ながらこのバイオリズムなるものは、科学的には否定されているんですね。

ある心理学者が2万5千件の様々な事故を対象として調査した結果でもバイオリズムの影響はまったく見られなかったとのことです。

ちょっと考えればわかることですが、人間のリズムは24時間で割り切れるはずがありません。

大体、体内時計にしても、その周期は24時間よりもちょっと長いとされています。

また、外国に旅行してもしばらくすれば時差ボケは治るわけですから、それぞれの土地に合わせてずれるんです。

なら、1日に少しずつずれても長い間にはそのグラフは逆転してしまうはずで、一生ずれることがないのは明らかにおかしいでしょう。

さらに云うなら、最初に書いた周期の23日、28日についてはバイオリズムを最初に考えたフリースが好きな数字だったから言い出したんだそうです。

これも現代の迷信の一つと言えます。

科学の衣をまとっているだけにだまされ易いので、注意したほうがいいですね

では。
by fwnd9951 | 2015-11-28 07:57 | その他 | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(362)

たくさんの人にもてる必要はありません。

一人に愛されれば良いのです。


人気占い師ならエキサイト

by fwnd9951 | 2015-11-27 18:40 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

トラウマ・ゲーム(続き)

また、横断歩道の白い部分しか歩けないといったトラウマを持っている男性がいるのですが、彼は子供の時に田んぼなどで遊んでいて落ちたことが原因で、今でも黒い部分を踏むと泥だらけになるような気がするとのことです。

これに対して、臨床心理カウンセラーは次のように言います。

「本当は田んぼに落ちることが恐いのではなく、汚れた自分を見た母親に怒られるということが強迫観念になり、そして、それが今までの仕事の中で上手く行かなかったことに結び付き、人生における転落を恐れるようになっている」

要するに自分を守ろうとの潜在的な意識の表れだそうです。

しかし、この分析にも何の根拠もないですね。

人生における転落うんぬんに至ってはこじつけとしか思えません。

田んぼと横断歩道と人生での失敗。

あまりにも安易な連想としか言うしかない。

対処法としては、横断歩道を白黒関係なく、スムーズに渡れる自分をイメージし、横断歩道の向こう側に誰かに立ってもらい、その人を人生の成功者だと思って彼のようになりたいと考えながら、実際に渡るようにとのこと。

その時にその人間に応援してもらい、上手く行ったら誉めてもらうといいそうです。

それで達成感も出ると。

しかし、随分乱暴なやり方ですね。

こんなのでトラウマを克服できるのならば、誰も苦労はしないでしょう。

こういう無理にトラウマを押さえつけようとする方法は上手く行くこともあるでしょうが、弊害も多いのです。

トラウマが更に酷くなることもありますから、注意しなければいけません。

トラウマの解消は物凄く忍耐心のいる、本当に気の長い作業なのです。

これは覚えておいて欲しいですね

では。
by fwnd9951 | 2015-11-27 07:37 | その他 | Comments(0)

後悔しない恋愛のためのフランス式恋愛開運法(361)

自分らしくいられない恋愛は長続きしません。


人気占い師ならエキサイト

by fwnd9951 | 2015-11-26 17:53 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

トラウマ・ゲーム

トラウマという言葉をご存じのことと思います。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)なんかと共にかなり有名になったんじゃないかな。

一応、簡単に説明すると、ふだん体験しないような恐ろしい体験により、心に生じた深い傷による後遺障害のことをいいます。

ただ、通常はもっと軽い意味で使われているようです。

日本語では精神的外傷。

それで、あるところで、このトラウマを解消する方法が紹介されていました。

たとえば、「エンプティチェア」(空の椅子)なる方法があります。

1人二役で一つのものに対して違う観点から意見を言い合い、自分の中の価値観とあえて客観的に対話する方法です。

たとえば大きなウサギのぬいぐるみを用意します。

そして、椅子を二つ用意して、一つの椅子に座った時は賛成というか、長所を並べます。

たとえば、可愛いし、心が和むとか。

そして、もう一つの椅子に座った時には批判的な意見を言います。

場所所を取って邪魔だとか、インテリアには合わないとか。

これによって周囲によって作られた自分の価値観とそれに相反する本来の自分を認識することができ、自分の枠が原因である閉所恐怖症も治るそうです。

まあ、本当に効果があるかは疑問の余地があると思いますが、この「エンプティチェア」という方法はなかなか面白いですね。

長くなりましたので、続きは明日。
by fwnd9951 | 2015-11-26 07:47 | その他 | Comments(0)

人は外見か?

昨日の話の何となく続きです。

人を外見で判断していけないと言うのはある程度は本当なのでしょう。

要するに貧しそうな格好をしているからと云って馬鹿にしてはいけないなんてことを言いたいのだと思います。

しかし、自ら望んで特殊な風体をする人がよくいますが、彼らにはついてはこれは通用しません。

そういう風に見て欲しいとの意志の表れと思われて当然です。

たとえば、暴走族のような服を着ていれば何らかのグループに属していると見られるでしょうし、最近は何と言っているか知りませんが、若い人たちの風変わりな化粧をしていればそういう人たちの仲間だと思われます。

服装も自己表現の方法なんですから、たとえば茶髪でピアスをするのであればそれなりの覚悟は必要です。

外見で判断されても文句は言えないでしょう。

女性が外見を重視しているのは、合コンでは弁護士や医師なんかが人気があることからわかります。

これは外見と言うよりも肩書きですが。

お金が問題ではないとよく言いますが、本当はそんなことはないでしょうね。

別に恥じることはありません。

当然のことです。

初対面で少し話をしたからって何もわかりません。

そうなると、勿論、ビジュアルも大事ですが、やはりお金なんですね。

この場合のお金とは将来入ってくるものも含みます。

つまり将来性です。

ただ、男性側もそのことをよく知っていて、逆手に取る人間もいるようです。

結婚サギとまでは行かないかも知れませんが、職業や収入を偽るんですね。

人は外見で判断するのはいいですが、十分に注意したほうがいいようです。

では。
by fwnd9951 | 2015-11-25 06:53 | その他 | Comments(0)