excitemusic

占い師エリオンの万華鏡
by fwnd9951
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Queen771さん..
by fwnd9951 at 09:12
> なおさん コメント..
by fwnd9951 at 09:08
本当に日本はおかしな、簡..
by Queen771 at 22:17
気持ちが重いなぁとは思い..
by なお at 21:27
angelroad512..
by fwnd9951 at 08:22
サン・テグジュペリの事。..
by angelroad5124 at 15:41
H-Poirot様、ほっ..
by fwnd9951 at 13:29
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 11:07
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 10:54
スライム国さん、ほったら..
by fwnd9951 at 10:45
最新のトラックバック
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
女性を恋愛モードに切り替..
from 厳選電子ブック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 11月 ( 61 )   > この月の画像一覧

恋愛の法則(70):パターンから外れる

時々決まりきったパターンから外れましょう。

予想を裏切る方が、彼の気持ちを引きつけることができます。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-30 18:17 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

再び内定取り消しの話

少し考えたことがあるので、日本テレビの内定取り消しの件をもう一度取り上げます。

前に書いた通り、日本テレビの人たち(少なくともお偉いさん)は、ホステスという職業を汚いと思っているわけです。

それならホステスのいるところに行く男性も当然、汚いですねよ。

では、クラブ、バー、キャバクラに行ったことがある男性社員は全員辞職させるべきでしょう(そして、風俗やAVを利用した社員も)。

少なくとも、男性アナウンサーは下ろすべきですね。

清廉じゃないんですから。

しかし、彼らはそう思っていないようで、そんな気配は露ほどもありません。

サービスを提供する方だけが汚くて、それを利用する方は汚くないなんてことがあるわけがないのに。

男性の偏見というか、都合の良い考え方丸出しです。

一般的に男性は自分たちが利用する癖に、風俗やAVに携わる女性を蔑視する傾向があります。

そして、水商売もそれに準じているのでしょう。

実はこれは職業差別のみならず、女性差別でもあるのですが、問題は女性の側にも同じように考える人が少なくないことです。

だから議会でのセクハラ発言にあれだけ騒いだ女性たちも今回は静かだし、それどころか訴えた女子学生を批判する声まで聞こえます。

嫉妬もあってか、女性のこうした水商売、風俗、AVに対する反感は根強いものがあります。

職業差別とともかくとして女性差別をなくす道はまだまだ遠いでしょう。

女性自身が足を引っ張っているんですから。

では。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-30 08:59 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則(69):復縁のために距離を取る

一度別れたのに何となく体の関係は続いていることがあると思います。

きちんと復縁したいのなから、もう一度友人に戻ってから、やり直すべきですね。

一度、きっぱりと彼の誘いを断り、距離を取ってください。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-29 19:46 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

科学の進歩と人間の幸せ(4)

長々と続けてきましたが、一応、今日でこのテーマは終わりです。

国民生活調査に「今後の生活は物質的な豊かさと精神的な豊かさ、どちらに重きをおきたいと思うか」との項目があります。

当然ながら所得の低い人ほど「物の豊かさ」を重視し、所得の高い人ほど「精神的な豊かさ」重視しています。

この傾向は40年前から変わりません。

また、若い世代ほど物を重視し、世代が上がるに連れて心を重視しているという傾向も見られるそうです。

この結果はある意味では当たり前です。

一般的に若い人は貧乏ですから。

そして正直なのかも知れません。

年を取るに従って人は虚栄心と言うか、いいカッコウをするようになって心が大切なんてお題目を臆面もなく言えるようになるんでしょう。

そうでなくても、物と心なんてイメージだけで言われると、金のほうが大事に決まっているだろうなんて正直なことはよほど斜に構えている人ではないかぎりなかなか言えません。

みんなお金が入っている可能性がないことを知っているから、心なんて言うんでしょうね。

実際にそんな選択を迫られることもまずありませんから。

ともあれ、すでに書いた通り、私は心の豊かさは物の豊かさにリンクしていると考えています。

繰り返しますが、衣食足りて礼節を知ると言うように、物質的に満たされていないと精神的にはなかなか満たされないと思います。

では。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-29 08:58 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則(68):運のいい人と

運のいい人とは積極的に関わるようにしましょう。

反対に、人の運を食いつぶす人からはすぐに離れましょう。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-28 21:19 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

科学の進歩と人間の幸せ(2)

続きです。

勿論、社会の進歩を拒否する生き方もあるでしょう。

科学的進歩を否定し、自然に生きるとの考えを実践し、集団内ですべてをまかなおうとする完全自給自足の生活を営む人たちは実際にいます。

たとえばアメリカのアーミッシュです。

彼らはプロテスタントの再洗礼派の一派で、「従順」「謙虚」「質素」を生き方の基本としています。

その生活には電気、水道、電話はもちろん、自動車もなく、質素な服装をするなど、厳しい規律を守って一種独特の文化を形成しているんですね。

ハリソン・フォード主演の映画「目撃者-ジョン・ブック」で有名になりました。

そう云えば、ヒッピー文化がもてはやされた頃に、コミューンというのが流行ったことがあります。

原始共産制をとった集団生活で、ある程度自給自足を行い、現代技術に背を向けていました。

しかし、結局はすべて失敗に終わったようです。

やはりアーミッシュは宗教的信念に支えられているから頑張れるのでしょうか。

彼らほど徹底していればある意味立派だと思いますね。

ただ、医療だけは現代技術に頼ることもあるとのことです。

まだ続きます。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-28 08:31 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則(67):共感してあげましょう

人から相談されたら、上から目線のアドバイスは止めたほうがいいですよ。

それよりも共感してあげましょう。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-27 19:41 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

科学の進歩と人間の幸せ

続きです。

昨日までの続きですが、少しよれます。

私が気になるのは、科学の進歩が本当に人間を幸せにするのかといった進歩自体を否定するような意見です。

しかし、少し前までは肺結核が死病であり、盲腸も麻酔ができるまでは命にかかわる病気だったことを考えてください。

進歩に伴って新しい病気が生まれているとのよく聞かれる主張には、平均寿命が大幅に伸びたことを上げるだけで反論できるでしょう。

また、子供に長時間労働をさせたり、遊郭に売ったり、酷い場合は間引きと言って口減らしのために新生児を殺していたのはそんなに昔のことではありません。。

しかし、今では日本には餓死する人間はほぼいなくなりました。

これらすべては科学の進歩によって社会が全体的に裕福になったからです。

もちろん進歩にはネガティブな面もあることは否定しません。

しかし、それは人間が理性をもって解決すべき問題であり、闇雲に進歩を否定しようとする態度には疑問を持たざるを得ません。

物質的に豊かになっても、精神的豊かさがついていっていないとの意見も良く聞きます。

しかし、精神的な豊かさとは具体的には何を意味しているのでしょう。

精神的豊かさが文化だとすれば、物質的に豊かにならなければ精神的な豊かさが生まれるはずがありません。

食べることに汲々としているような人たちには芸術を生み出すような余裕なんかないということです。

もう少し続きます。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-27 08:32 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則(66):幸せを分けて上げましょう

まず、自分が幸せになりましょう。

そしてその幸せを人に分けて上げましょう。

自分が幸せではない人が他人を幸せにできるはずがありません。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-26 19:25 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

医学の進歩と医療過誤(3)

続きです。

もちろん、避けることのできないケースと単なるケアレスミスやいい加減な治療による事故とははっきりと分ける必要があります。

実は私も今年の初めに2カ月のうちに2回、わりと大きな手術を受けました。

幸い両方とも成功し、今はピンピンしていますが、鬼と呼ばれた私も手術の前にはさすがに気弱になりました。

それから、医療過誤の経験も何回かあります。

しかし、そんなに深刻なものではなかったこともあって、医療自体に対する不信には陥らなかったですね。

私の場合はフランスでの話ですが、詳細はまた別の機会に書きます。

それはいいとして、すでに書いたように、現代医学は多くの犠牲者の上になりたっています。

有名な華岡青洲やジェンナーのように家族を実験台にした医師もいます(ジェンナーについては本当は少し違うとの意見もありますが)。

とは云え、犠牲になった人々やその家族がこれをどのように受け入れるべきかは非常に難しい問題ですね。

「リーガルハイ」でも、患者側の弁護士は進歩の中に個人としての人間を埋没させてもいいのかと疑問を投げかけます。

簡単に結論が出る問題ではありません。

まだ続きます。
[PR]
by fwnd9951 | 2014-11-26 06:56 | その他 | Comments(0)