人気ブログランキング |
excitemusic

占い師エリオンの万華鏡
by fwnd9951
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Queen771さん..
by fwnd9951 at 09:12
> なおさん コメント..
by fwnd9951 at 09:08
本当に日本はおかしな、簡..
by Queen771 at 22:17
気持ちが重いなぁとは思い..
by なお at 21:27
angelroad512..
by fwnd9951 at 08:22
サン・テグジュペリの事。..
by angelroad5124 at 15:41
H-Poirot様、ほっ..
by fwnd9951 at 13:29
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 11:07
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 10:54
スライム国さん、ほったら..
by fwnd9951 at 10:45
最新のトラックバック
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
女性を恋愛モードに切り替..
from 厳選電子ブック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 10月 ( 62 )   > この月の画像一覧

食事の作法

あるテレビ番組で和食の作法を紹介していました。

なんだか決め事が沢山あるんですね。

たとえば盛りつけは奇数が基本になります。

刺身は3、5、7切れ皿に乗せるわけです。

なぜかというと偶数は割り切れ、この切れるが嫌われたから。

魚は頭を左側にして置きます。

昔から日本では左側が上位だから。

あと、土瓶蒸しには青魚は入れない。

マツタケの香りを殺してしまうから。

最後の青魚に関しては納得できますが、あとは本当にくだらない。

しかし、食事の作法にかぎらず、日本のマナーは語呂合わせが多いですね。

もう、こんな時代遅れなことは止めたらどうでしょう。

味とか香りの妨げになる、同席者を不快にさせるといった合理的理由があるものだけを残せばいい。

ところで、わさびを醤油にとかないで、少量を刺身にのせ、醤油をつけて食べるというマナーはいつから言われるようになったのでしょう。

私が若い頃はみんなわさびは醤油にといていたように思います。

誰かが言い出して、それがいかにも通の感じがするので、広がったのでしょうね(同じようなことがいくつかあります)。

焼き鳥、味噌田楽、つくねなどの串物料理は、先に串を外すのが作法だとされていますが、これはどうでしょう。

焼き鳥を串から外して食べるなんて邪道だと言っている人も結構いますよね。

飲み屋と会食の席では違うということでしょうか。

それから、ある女性タレントがラーメンをパスタのようにスプーン(れんげ)を使って食べているのを見て、驚いたことがあるのですが、これもそのうち作法になるのでしょうか。

まさかとは思いますが。

和食以外の食事のマナーにも言いたいことがあるので、それは明日書きます。

では。
by fwnd9951 | 2014-10-31 09:37 | エリオンの考え | Comments(0)

恋愛の法則(39):キャンセルへの返事

彼からデートのキャンセルの連絡があった時、責めてはいけません。

「本当に残念。また、都合の良い時に誘ってね」といった感じの返事をしておきましょう。
by fwnd9951 | 2014-10-30 19:41 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

レディファーストはグローバルスタンダードなのか?

新聞を読んでいるとレディファーストについての記事がありました。

キャリアウーマンが後輩の男性社員を叱ります。

アメリカから来た女性を含めたグループを迎えた時に、レディファーストの作法ができてなかったからです。

なんでもレディファーストはこれからのグローバリゼーションの時代に絶対必要なのだそうです。

なるほどねえ。

しかし、世界的に見るとレディファーストは一部の国でのみ行なわれている習慣です。

人口で言えば、レディファーストを習慣としていない国の方が多い(アジア、アラブ、アフリカ等)。

ただ、アメリカがレディファーストにうるさいから合わせようとしているだけでしょう。

しかし、経済的、工業的に先進国だとしても、文化で言えばアメリカは新興国でしかありません。

たかだか200年そこそこの歴史しかない。

なぜそんな国の習慣を見倣わなければいけないのでしょう。

アメリカから来た人を迎える時には、アメリカの習慣に合わせるのが当たり前だと言うのなら、日本人がアメリカに行く時は日本式で行くのでしょうか。

向こうは日本式に合わせてくれるのでしょうか。

アメリカ人が来た時は向こうの習慣で迎え、こちらが行く時も向こうの習慣に合わせる。

こんな卑屈なことをしているのは日本だけでしょう。

単に顔色をうかがっているだけと言うか。

日本には日本の伝統や文化があり、それを外国に行った時も、外国人を日本に迎える時も、どうどうと守ればいい。

世界のグローバル化と言われていますが、それはアメリカの真似をすることではないと思います。

念のために書いておきますが、私は男尊女卑が良いとか、女性を大切にしなくてもいいと言っているのではありません。

意識の持ち方を言っています。

では。
by fwnd9951 | 2014-10-30 08:18 | エリオンの考え | Comments(0)

恋愛の法則(38)

自分だけが不幸だと思う人がいます。

これは自分は他人よりも優れていると考えるのと同じくらい傲慢な考えです。

他人にもつらいことがあることに気付くと少し前に進むことができるでしょう。
by fwnd9951 | 2014-10-29 21:32 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

浮気を問い詰める時は

昨日の携帯電話の話の続きです。

ご主人(または彼)の浮気を見破ろうと躍起になる人がいます。

しかし、その後の展開のことも考えずに、浮気を問い詰めてどうしようと言うのでしょう。

証拠が出てきて、または、自白させてから、うろたえるなんて最低の反応です。

行動を起こす時はよく考えてからにしましょう。

浮気をあばこうとするのだったら、最悪、別れることまで想定しておかないと。

一つ付け加えておくと、女性が自分のご主人(または彼)は浮気なんかしないと信じていることが結構ありますが、この自信は大抵の場合、根拠がありません。

私に言わせれば、ほとんどの男性は機会とお金があれば、浮気します。

言い換えると浮気をしないのはお金がないか、モテないからなんですね。

まあ、これは女性も同じことでしょうが。

ところで、責められた男性はもう二度と浮気しないと誓うでしょうが、まず、嘘だと思って間違いありません。

一度浮気した男性は再びあなたを裏切る可能性が非常に高い。

君のことを大切にしているなんて言うかも知れませんが、本当に大切にしているのなら、傷つけることなんかできないはずでしょう。

繰り返しますが、浮気を暴く時には、くれぐれも感情的な行動を取らないように。

では。
by fwnd9951 | 2014-10-29 09:11 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則(37):ノープランで彼の携帯は見ないように

軽い気持ちで彼の携帯電話を見ないほうがいいですよ。

ノープランで見るなんて最悪です。

浮気の証拠が出てきた後の展開まできちんと考えてからにしてください。
by fwnd9951 | 2014-10-28 20:11 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

借金の申し込みと友情

友人であろうと肉親であろうと、あなたにお金を貸してくれと言ってくる人間は信用できないと思って間違いありません。

きちんとした担保がある場合は別ですが、担保があれば金融機関に行くでしょう。

お金を借りなければいけないような状態になった時点でその人の計画性のなさがわかります。

そんな人間の必ず約束を守るなんて言葉が信用できるわけがない。

絶対に返すとか、どんなことをしても返すとかといった言葉も良く聞きますが、絶対に返せる方法があるのなら、どんなことでもできるのなら、それを先にすればいいだけのことです。

俺を信じられないのかとか、人情に絡んできても、耳を貸してはいけません。

貸さないと友情も終わりだと言われるかも知れませんが、そんなことで終わるのなら、その友情は本物ではなかっということです。

もしどうしても貸すのなら、良く言われるように、上げたものと思ってください。

そして、その友人との友情も終わったと思ったほうがいいでしょう。

それから、人間とは不思議な考え方をする生き物ですから、お金を借りた方が貸した方を恨むこともあることを覚えておいてください。

では。
by fwnd9951 | 2014-10-28 06:54 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則く(36):金の斧と銀の斧

金の斧も銀の斧も鉄の斧も私のものです。

このくらいじゃないと成功できないでしょうね。
by fwnd9951 | 2014-10-27 22:08 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

ジャンヌ・ダルクの聞いた声(続き)

昨日書いたように神は「イングランド軍を駆逐して王太子をランスに連れて行きフランス王位に就かしめよ」とジャンヌ・ダルクに命じたことになっています。

しかし、これはおかしいでしょう。

イングランド人も神を信じていたはずですよね。

なぜ、フランスにばかり加担するのでしょう。

不公平じゃないですか。

フランス人は自分たちが正しいからと言うかも知れませんが、もし本当にそうならなぜ神はその後のフォローをしなかったんでしょう。

最初は英雄ともてはやされたジャンヌが捕らえられ、処刑される時も、神は知らん顔で何もしない。

まるっきり見殺し。

実は、研究では同じ時期に預言者(神の言葉を民衆に伝える者。予言者とは違います)は4人いて、それぞれシャルル7世に神から聴いた声を伝えたとされています。

そして王太子は自分に都合の良い預言をするのはジャンヌだけだったので、彼女の預言を取り上げたということのようです。

彼女が正しいという客観的な証拠はない。

結局、ジャンヌが聞いたと思っているのは、単なる幻覚だったのでしょう。

大体、キリスト教は愛と平和の宗教のはずなんですから、神は戦争を止めるように言わないといけない。

そう言えば、話は大きく逸れますが、アメリカも戦争をするたびに神を持ち出します。

大統領が演説し、神のお加護とかなんとか。

しかし、戦争とは人を殺すことに他なりません。

そんな行為を神が祝福するわけがないでしょう。

過去はともかく、もう神の名の下に戦争をするなんて恥知らずなことは止めるべきですね。

では。
by fwnd9951 | 2014-10-27 08:26 | その他 | Comments(0)

恋愛の法則(35):追い詰めてはいけません

彼を追い詰めてはいけません。

逆ぎれされて、取り返しのつかないところまで行ってしまいますから。

逃げ道を残して上げましょう。
by fwnd9951 | 2014-10-26 19:58 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)