人気ブログランキング |
excitemusic

占い師エリオンの万華鏡
by fwnd9951
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Queen771さん..
by fwnd9951 at 09:12
> なおさん コメント..
by fwnd9951 at 09:08
本当に日本はおかしな、簡..
by Queen771 at 22:17
気持ちが重いなぁとは思い..
by なお at 21:27
angelroad512..
by fwnd9951 at 08:22
サン・テグジュペリの事。..
by angelroad5124 at 15:41
H-Poirot様、ほっ..
by fwnd9951 at 13:29
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 11:07
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 10:54
スライム国さん、ほったら..
by fwnd9951 at 10:45
最新のトラックバック
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
女性を恋愛モードに切り替..
from 厳選電子ブック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 48 )   > この月の画像一覧

したことを後悔するほうが、しなかったことを後悔するよりもずっとましです。

したことを後悔するほうが、しなかったことを後悔するよりもずっとましです。

人はどちらにしても後悔します。
by fwnd9951 | 2013-01-31 09:30 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

ナルシストが本当は自分をまったく愛していないことがあります。

ナルシストが本当は自分をまったく愛していないことがあります。

自信のなさの裏返しですね。
by fwnd9951 | 2013-01-30 09:28 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

何かに過度に依存する人には自己否定の傾向があります。

何かに過度に依存する人には自己否定の傾向があります。

代償行為なんですね。
by fwnd9951 | 2013-01-29 09:10 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

アルジェリア人質事件(おまけ)

ちょっと逸れますが、今日は通訳の話をしたいと思います。

私も20年ほど前に、アルジェリアに2回ほど通訳として行ったことがあります(短期ですが)。

2度とも鉄鋼関係のプラント(会社は日揮ではない)で、特に危険は感じませんでした。

ところで、当然ながら、通訳にもピンからキリまであります。

今回の事件でも、あるテレビ局でアルジェリア人の元大使館員をゲストに招いて話を聞いていました。彼女は通訳を務めていたそうです。

しかし、彼女はまあまあの日本語を話すものの、どうも頭の回転が早くないような。

あれではとてもきちんとした通訳はできないでしょうね。

確かに、最近は日本語の物凄く上手い外国人が沢山います。私の若い時と比べると本当に驚くばかりです。

しかし、誤解している人も多いようですが、通訳で重要なのは言葉をネイティブ並に流暢に話せることではないんですね。

私の知っている大統領に同行するようなトップクラスの通訳(フランス語-日本語)は、いわゆるバイリンガルではありません。

ただ、頭の回転が速く、語彙が豊かで、話が明快です。

テレビなんかでも帰国子女が活躍していますが、そういう意味ではきちんと通訳をできる人は少ないでしょう。

重要なビジネスや外交の場では、高いレベルの言葉を話せなければいけない。

上に書いた帰国子女は良くて大学の新卒、下手すれば中高生程度の英語または日本語で、とても使い物にはなりません。

それなりの勉強と訓練をしないといけないと言うことです。

ついでに書いておくと、ニュースなんかで時々見る首相と外国の首脳の会談の時にそれぞれの後ろに通訳がついていますよね。

これも知らない人が多いようですが、彼らが通訳するのは相手側の国の言葉に向けてです(完全に誤解した短編小説を読んだことがあります)。

つまり、日米会談で言えば、日本の首相の通訳は首相の日本語での発言を英語にするわけです。

そして、アメリカ大統領の通訳は英語を日本語にする。

これは発言の責任の問題からです。

当然、すべて記録されていて、後で訳に間違いがないかがチェックされます。

問題発言があると通訳の責任にされるなんてこともあります(中曽根さんの時に有名な事件がありました)。

そして、大事な会合は基本的に同時通訳ではなく、逐次通訳(話者の後ろに控えて、メモを取りながら発言を逐次訳していく)で進められます。

これは正確性の問題です。同時通訳は完璧を期することができませんから。

以上、ほとんどの人に興味のない話ですみません。

では。

追記:通訳や翻訳を仕事にしたいと思う人で何か質問がありましたら、遠慮なく聞いてください。
by fwnd9951 | 2013-01-28 17:33 | エリオンの考え | Comments(0)

相談をされる場合、最初から答えを決めていて、それを後押しして欲しい時と、

相談をされる場合、最初から答えを決めていて、それを後押しして欲しい時と、単に話を聞いて欲しい時、そして、本当に相談に乗って欲しい時があります。

これをきちんと見極めると信用されるようになります。
by fwnd9951 | 2013-01-28 09:00 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

アルジェリア人質事件(4)

今回の事件について、企業の責任を問う声が聞かれました。

なぜそんな危険なところに社員を送り出したのかというわけです。

しかし、日揮はもう何十年も前からアルジェリアで仕事をしており、今までこんな事件は起きなかったんですね。

アルジェリアは政情が非常に不安定になった時もありましたが、それをなんとか乗り越えて来た。

だから今回のような事件が起きることを予想してなかったんでしょう。

油断していたと言えばそれまでですが、仕方がない面もあります。

そして、政府の責任ですが、できることは情報収集くらいでしょう。

しかし、これは日本がもっとも不得意とする分野ですし、平時からセキュリティ対策を取るという習慣がありません。

外務省が企業の進出を制限しろなんて言っても、日本経済の発展の問題もありますし、企業に強制するのは難しい。

それはそうとして、日揮は今後、どうするんでしょうね。

完全に撤退するのかなあ。考えにくいですが。

ただ、アルジェリア政府も今回の事件の対応を反省しているとは思います。

外国の支援が欠かせない国なのに、こんな事件が発生し、人質を見殺しにするようなことをするともう来てくれる国がなくなりますからね。

西側諸国も一応、対テロに対する姿勢に関しては足並みを揃えていて、アルジェリア政府を評価するようなことを言っていますが、今後は事前に相談するように釘を刺すでしょう。

それで今回の事件は幕引きになるんじゃないかな。

では。
by fwnd9951 | 2013-01-27 20:39 | エリオンの考え | Comments(0)

女性は護られるものだなんて思っていると手ひどい裏切りに会うかも知れませんよ。

女性は護られるものだなんて思っていると手ひどい裏切りに会うかも知れませんよ。

土壇場で逃げ出す男性が結構います。
by fwnd9951 | 2013-01-27 09:39 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

アルジェリア人質事件(3)

今回の事件をきっかけに自衛隊法の改正を求める声が高くなっています。

なんでも自衛隊の部隊は外国まで空路または海路で行くことはできても、そこから陸路は取れないんのだそうです。

つまり、空港や港から動けないことになります。

さらには、危ないところには行けない。

これは確かに改正しないといけないでしょう。

ただし、忘れていけないことは、たとえ現地に自衛隊を派遣したところで、軍事行動をその国がさせてくれない可能性が高いことです。

今回で言えば、アルジェリア政府なんかは自衛隊の介入を絶対に許さなかったでしょうね。

米国はどこでも好き放題にしていますが、弱腰の日本政府なんかではどうにもならないんじゃないかな。

それから、もっと多くの国、特にアラブ圏に駐在武官を置くべきだとの意見もあります。

しかし、彼らは平時にはほとんど仕事をしていません。

少なくとも私が知っていた駐在武官は、早く通になりたいからといって毎日、昼からワインを飲んで、ほとんどアル中になっていました。

ついでに言っておくと、何かあれば、大使館が何とかしてくれると考えている人もいるようですが、大使館の人たちには期待なんかできませんよ。

今回のように世間が大騒ぎしなければ何もしない。

私は大使館員に「大使館の仕事は邦人の面倒を見ることではない」と面と向かって言われたことがあります。

彼らの仕事は日本から来る大臣や政治家の世話をすることなんです。

いずれにしても、今は世間が熱くなっているので、政治家やコメンテーターがいろいろと前向きなことを言っていますが、しばらくして落ち着いて来ると、また消極的な意見が幅を利かせるようになるでしょうね。

結局何も変わらないと言うことです。

では。
by fwnd9951 | 2013-01-26 18:06 | エリオンの考え | Comments(0)

幸せには責任が伴います。

幸せには責任が伴います。

幸せにもそれなりの対価があります。
by fwnd9951 | 2013-01-26 09:15 | フランス式恋愛開運法 | Comments(0)

アルジェリア人質事件(2)

しかし、政府やテレビでは、今回のアルジェリア政府の強硬策に驚いたとの声が多かったようですが、本当でしょうか。

私は日本人エンジニア拉致のニュースを聞いた時に、近いうちに軍隊が介入し、最悪の結果もありえるとすぐに思いました。

私は何も自分の予想が当たったことを誇りたいのではありません。

ただ、素人の私に予想できたことが、首相を初めとする政府の偉い人やコメンテーターたちが考えなかったなんておかしいでしょう。

多分、政治家たちは国内向けのジェスチャーとして驚いたふりをしただけで、コメンテーターも、一部の人たちを除いて、厳しいことを言って嫌われたくなかったんでしょうね。

そして、案の定、今、少しずつ意見が変わりつつあり、アルジェリア政府を責める声が弱くなっています。

それから、どうして日本が巻き込まれるのかといった発言もありましたが、これも認識が甘いとしか言いようがない。

アラブ諸国側から見れば、日本も当事者です。

明らかに西側の一員と言うか、米国に追随しているんですから、同じ穴のムジナと考えられても仕方ないでしょう。

すでに書いた通り、今後、日本企業が集中的にターゲットにされる可能性が高いと思います。

それを肝に命じておかないとセキュリティ対策を考えても意味がありません。

それはそうと、例の大物司会者は、アルジェリアがフランスの旧植民地だということさえ知りませんでした。

呆れたと言うか、この程度の知識レベルで今回の人質事件をどうこう言う神経は大したものです。

まあ、この人は普段偉そうなことばかり言って、政治家を批判していますが、ちょっと偉い人が来ると突っ込んだ鋭い質問なんかまったくしません。ごまをするだけ。

本当にくだらない人です。

では。
by fwnd9951 | 2013-01-25 17:43 | エリオンの考え | Comments(0)