excitemusic

占い師エリオンの万華鏡
by fwnd9951
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> Queen771さん..
by fwnd9951 at 09:12
> なおさん コメント..
by fwnd9951 at 09:08
本当に日本はおかしな、簡..
by Queen771 at 22:17
気持ちが重いなぁとは思い..
by なお at 21:27
angelroad512..
by fwnd9951 at 08:22
サン・テグジュペリの事。..
by angelroad5124 at 15:41
H-Poirot様、ほっ..
by fwnd9951 at 13:29
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 11:07
H-Poirot様、コメ..
by fwnd9951 at 10:54
スライム国さん、ほったら..
by fwnd9951 at 10:45
最新のトラックバック
占い師募集中
from 占いの部屋 アクアリー
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
Re: 親指シフトの話(..
from 親指シフトウォッチ
女性を恋愛モードに切り替..
from 厳選電子ブック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 01月 ( 63 )   > この月の画像一覧

ノーベル賞精子バンク(続き)

そして、ミュラーの影響を受けた大富豪ロバート・グラハムが1980年にノーベル賞受賞者専用の精子バンク「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」を開設しています。

これは天才級の男性たちの精子を集め、知能検査で高い成績の女性に受精させ、人類の遺伝子プールを改善するという、優生学的野望を掲げる組織でした(ノーベル賞受賞者限定とはいかなかったんですね)。

しかし、知名度は高かったものの、実際の経営や運用はずさんであったようで、経営者の死去により、同バンクは1999年に閉鎖されました。

それまでに生まれたスーパーベイビーの数は約200人です。

昨日も書いたように、精子提供者の男性が誰なのかは、女性にも知らされず、女性には提供者のプロフィールとコードネームだけが伝えられました。

そのため成長したスーパーベイビーの中には自分の本当の父親が誰なのかを知りたいと強く願う人たちもいましたが、バンクが閉鎖され、記録が失われてしまったために、父親の特定はかなり困難だったようです。

その後、天才の遺伝子を受け継いだ子供たちが、果たして本当に天才になったのかについての調査が実施されました。

これは誰もが知りたいところでしょうが、ノーベル賞精子バンク自体では追跡調査していなかったんですね。

そして得られた結果はそれほど芳しいものではなかったようです。

実際に驚異的な才能を発揮して社会のリーダーとして活躍している人はいませんでした。

知能は高くとも社会に適応できないという例がもっとも多かったと言われています。

当然の結論ですが、天才を育てるには環境も大事だと言うことでしょう。

しかし、それよりもまず、考えなければいけないのは、天才児を作り出すことがそれほど重要かと言うことです。

知能だけに焦点をあてることはやはり不自然ではないでしょうか。

では。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-31 16:39 | エンターテイメント | Comments(0)

愛の錬金術 本日のラブインスピレーション

信じることと、見たくないものに目をつぶることは違います。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-31 12:21 | Comments(0)

愛の錬金術 明日のために

俺は戦国武将で言うと織田信長タイプだ、なんて言う人のほとんどが足軽タイプです。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-31 01:30 | Comments(0)

ノーベル賞精子バンク

去年も何人かの日本人科学者がノーベル賞を受賞し、暗い世の中に一筋の光明を投げかけました。

特に、最近の日本は小中学生の学力低下が叫ばれ、教育にも自信を失いつつあったことから、なおさらマスコミが大騒ぎしたようです。

こういうことがあると、すぐに考えるのがどうすればもっとノーベル賞級の学者を輩出することができるかでしょう。

そして、わりと簡単に考えつくのが、優秀な遺伝子の継承ですね。

要するに天才の精子を保存しておいて優秀な子供を人工的に生み出していこうとの考え方です。

これはいわゆる精子バンクの考え方と重なります。

念のために言っておくと、精子バンク自体は昔からあって、別に天才だけを対象としたものではありません。

もともとは血統を重んじる馬、良好な肉質が求められる牛などの生産地のブランドを守るために厳重な管理の下に精子を保存するためのものでした。

これに対して、人間の場合は、主に不妊症者、同性愛者、シングルマザーなどで子供を欲しがる人たちのために作られています。

希望者は高学歴、ハンサム、高身長など、需要者の要求に合致した男性の精子を選ぶことができるとのことです。

ただし、ドナーは明かされません。

そして、このシステムを踏まえてできたのがノーベル賞精子バンクで、米国のハーマン・J・ミュラーによって提唱されました。

長くなるので、続きは明日。

では。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-30 16:28 | エンターテイメント | Comments(0)

愛の錬金術 本日のラブインスピレーション

男性が「俺を信じられないのか」と言ったら大抵の場合、信じられないと思った方がいいですね。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-30 11:07 | Comments(0)

愛の錬金術 明日のために

心清き人が心清き人に惹かれるとは限りません。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-30 01:16 | Comments(0)

読書の意味(4)

まだまだ続きです。

日本では55%が「趣味で読書することはない」と答え、これはOECD諸国ではもっとも高い数字だったので、日本のマスコミも大騒ぎしました。

「日本の生徒の読書量は世界最低」、「これでは読解力が低下するのは当たり前だ」といった調子です。

しかし、実際には読書量ゼロの生徒だけを比較すると日本の生徒の成績はトップです。

むしろ、日本では読書量の多い生徒の成績のほうがぱっとしません。

日本では読書量と読解力の間には因果関係が見られないんですね。

その原因は不明ですが。

ただ、一般的に言って、1日の読書時間が2時間を越えると成績が落ちるようです。

つまり闇雲に読書ばかりしても、娯楽としてはともかく、それ以上の効果は期待しないほうがいいということになります。

良い学校に入り、一流企業に入社したり、高級官僚になりたいと思うのであれば文学を読んでも役に立ちません。

そんな暇があれば受験勉強をすべきなんです。

では、本を読めば、立派な大人になれるんでしょうか。

一般的にいって、文学には反社会的なことが沢山書いてありますから、人格を形成するためにはよくないでしょう。

大体、若い時に本を沢山読んだと自慢する人は、今の自分があるのはそのお陰だと言いたいのでしょうが、よほど自分に自信があるんでしょうね。 

私にはとてもそんな偉そうなことは言えません。

ところで、昔の子供は本を沢山読んだと言いますが本当でしょうか。

毎年実施されている「読書調査報告」を見る限りでは、小学生の読書量は毎年増えていますから、これは単なる記憶の美化でしょう。

これに対して大人はどんどん本を読まなくなっています。20代、30代ははっきりと活字離れの傾向が見られますし、60代、70代では本ではなく、新聞を読みます。

それから最近の子供はマンガばかり読むとの意見もあります。

マンガを読むのは読書ではないとの考えが正しいかどうかは別の機会に考えるとして、実は統計ではマンガを読む子供は本も読むとの結果が出ています。

ついでに書くと、テレビゲームでよく遊ぶ子供は読書量も多く、ゲームをしない子供に較べて特に成績が悪いわけではないようです。

だから、最近の若者は昔より読書をしない、だから駄目なんだとの批判は二重の意味で間違っていることになります。

段々と支離滅裂になってきましたが、私が言いたいのは、何かの役に立つから読書をするわけではないということです。

本を読みたいから読む。読みたくなければ読まなくても全然構いません。

その人の勝手ですから、無理に押し付けることはないでしょう。

では。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-29 17:27 | エンターテイメント | Comments(0)

愛の錬金術 本日のラブインスピレーション

本当の恋愛をハウツウ本で学ぶことはできません。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-29 10:12 | Comments(0)

愛の錬金術 明日のために

目の前に幸せに続く道があるのに、わざわざ遠回りして不幸になる人がいます。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-28 23:31 | Comments(0)

読書の意味(3)

続きです。

大人が自分のことを棚に上げて子供に読め読めと言うのは勝手過ぎるでしょう。

いや自分は昔は良く読んだと言うかも知れませんが、そんなのは大抵嘘ですし(または思い込み)、もし本当だとしても大人になったからといって向上心がなくていいわけがありません。

大体、大人になってから読まないと言うのは偽者なんですね。

本当に本好きな人は一生読み続けます。

だからと言って偉いってこともありませんが。

上にも書いたように本を読むのはまず楽しみだからです。

そして、楽しみであるのなら、現代ではテレビゲーム、インターネット、携帯電話、テレビ番組等々、他に沢山の娯楽がありますから、読書は媒体として古いためどうしても不利であることは否めません。

それから、読書時間が少ない理由として考えられるのは、受験勉強ですね。

受験生は本なんか読んでる暇はありません。

更に言えば、読解力や表現力の欠如はマークシート式のテスト方式にも原因があると思います。

長文を読み、それに論文で答えるような形式にすべきです。

また、口頭試問も行うべきでしょうし、授業でもディベートや研究発表といったものを増やさなければいけません。

若者を批判する言葉は山ほどありますが、「最近の若いやつらは本を読まない」はその典型でしょう。

世の中の親も子供によく言います。「テレビゲームばかりしてないで、本でも読んだら」
中学校なんかでも生徒に世界文学を読ませようと必死です。

どうも根強い読書信仰みたいなものがあるみたいですね。本さえ読んでいれば、頭が良くなる、正しい人間になれるといった。

しかし、本当に本、特に小説なんか読んで何かの役に立つんでしょうか。

大体、江戸時代や明治・大正時代には小説は婦女子の読むもので品が悪く、悪徳を広めるものだとさえ考えられていました。

それが昭和の後半、特に戦後になって大きく様変わりするんですね。

本を読むことが知能を高める方法として推奨されるようになったわけです。

しかし本当に本を読むと賢くなるのでしょうか。

ここに面白いデータがあります。

OECDでは加盟国の15才の生徒に対して読解力、数学、科学のテストを行い、その結果をさまざまな角度から分析しているんですが、その中に「趣味としての読書時間量」との相関関係との項目があります。

まだまだ続きます。

では。
[PR]
by fwnd9951 | 2011-01-28 17:43 | エンターテイメント | Comments(0)